リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

知っておきたい法令

カテゴリ一 記事一覧

半額POP

販促が違法にならないために、確認したい景品表示法

リサイクルショップの販促には「景品表示法」というルールが定められています。これを破ると行政からの措置命令や懲役刑・罰金刑が課せられる危険もあります。ここでは違法だとみなされる可能性がある販促方法を紹介するとともに、景品表示法の概要を解説。どのような方法であれば法令を遵守していることになるのかについても解説します。

牢屋の中のスーツの男性

不用品回収業者が知っておくべき関連法令の罰則まとめ

不用品回収業者は廃棄物処理法をはじめとする法律に則って営業しなければなりません。ではこれらの法律に違反した場合、どのような罰則を受けることになるのでしょうか。ここでは不用品回収業者に関係する4つの法律の主な罰則をまとめて紹介するとともに、罰則を回避するための考え方を、各管轄行政への問い合わせをもとに解説します。

駐車禁止の標識

出張買取・回収業者必見!正しい路上駐車の考え方

不用品回収業者などが出張買取・出張回収先で出くわす問題の一つに、駐車場所の問題があります。何も考えずに車を離れてしまうと、少しの間でも駐禁切符を切られる可能性がありますが、だからと言って車に待機させるために人を一人増やすわけにもいきません。ここではこの問題に対処するための正しい路上駐車の考え方について解説します。

不用品回収業者が知っておきたい廃棄物処理法の重要判例集その2

何をどう守ればいいのかがわかりづらい廃棄物処理法。「守らなければいけないのはわかっているが、どう守ればいいのか」と頭を抱える不用品回収業者も多いはず。ここではそんな不用品回収業者のために、「水戸木くず裁判」「徳島木くずボイラー裁判」の2つの判例を通じて、廃棄物処理法を具体的にどう運用すればいいかを解説します。

裁判官

不用品回収業者が知っておきたい廃棄物処理法の重要判例集その1

「廃棄物処理法がわかりにくい」「結局何を守ればいいの?」そんなふうに難解な条文を前にして頭を抱えている不用品回収業者も多いのではないでしょうか。ここではそんな不用品回収業者のために、廃棄物処理法関連の過去の判例を通じて、この法律を具体的にどう運用すればいいのかを解説します。「その1」では「おから裁判」「混合再生砂裁判」「建設汚泥改良土裁判」の3つの判例を扱います。

「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

廃棄物処理法の例外として、一般廃棄物および産業廃棄物の収集運搬業許可や処理業許可が不要とされている「専ら物」。しかしどのような品目に適用されるのか、どのような業者に適用されるのかなど具体的な部分については、廃棄物処理法に記されていません。ここでは関連通知などを通じて、取り扱いが曖昧になりがちな専ら物について解説するとともに、不用品回収業者がどう取り扱うべきかについても解説します。

「特定商取引法」と「個人情報保護法」をピックアップ解説!不用品回収業者が知っておくべきポイントとは?

「特定商取引法」と「個人情報保護法」は、不用品回収業者にも関係のある法律です。ここではそれぞれの概要を解説しつつ、不用品回収業者がどのようにこれらの法律を守ればいいのかを、ポイントを絞って簡単に解説します。

無料回収・格安買取は違法?不用品回収業者が心得ておくべき「0円通知」との付き合い方

平成24年3月19日に通称「0円通知」が出されたことで、「買い取っていれば全部有価物」という判断が正しいとは限らなくなっています。この通知の理解が曖昧なままだと、合法と思っている取引が実は違法な取引だったということになりかねません。ここできっちり内容を理解し、0円通知とうまくやっていく方法を知っておきましょう。

「お金をもらって回収した=廃棄物」ではない?不用品回収業者必読の「手元マイナス通知」徹底解説

「手元マイナス通知」は不用品回収業者にとって、理解しておかなければ無許可業者になる危険があるだけでなく、うまく活用できればビジネスチャンスにもなる、非常に重要な通知です。ここでは手元マイナス通知の解釈や、この通知が出された背景を、具体例を上げながら解説。より迷いなく不用品回収業を営むための考え方をお伝えします。

不用品回収業者の基礎知識!「廃棄物処理法」と「家電&小型家電リサイクル法」のカンタン要点解説

不用品回収業を営むにあたって「廃棄物処理法」と「家電リサイクル法」および「小型家電リサイクル法」は避けては通れない法律です。もし違反すれば営業停止命令が下されるなんてことも。そうならないためにきちんと理解しておきましょう。