リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

営業のための法令とルール

チェックボックス

店舗の管理者や責任者は要チェック!改正古物営業法の解説

2018年4月25日に交付された改正古物営業法が、2018年10月24日から順次施行されていきます。今回の改正には不用品回収業者に深く関わるものがあるだけでなく、対応を間違えると許可の取り消しにつながるものもあります。そのためしっかりと改正内容を理解したうえで、確実に対応する必要があります。ここでは実例も交え4つの変更点について解説します。

徹底解剖!リサイクル業者が注意すべき法令と対策

リサイクル業者が注意すべき法令として、古物営業に必要な【古物商許可(古物営業法)】、産業廃棄物の取扱業に必要な【産業廃棄物許可(産業物処理法)】、小型家電の回収業に必要な【小型家電リサイクルの事業者認定(小型家電リサイクル法)】について徹底解説しています。

不用品回収業者が知っておきたい廃棄物処理法の重要判例集その2

何をどう守ればいいのかがわかりづらい廃棄物処理法。「守らなければいけないのはわかっているが、どう守ればいいのか」と頭を抱える不用品回収業者も多いはず。ここではそんな不用品回収業者のために、「水戸木くず裁判」「徳島木くずボイラー裁判」の2つの判例を通じて、廃棄物処理法を具体的にどう運用すればいいかを解説します。

不用品回収業者が知っておくべき「運送事業」のルールとは?

不用品回収業者は、不用品を運ぶ事業者という意味で「運送事業者」でもあります。実はこの運送事業を営むためには、許可や届出が必要になる場合があるため、不用品回収業者は運送事業のルールについても理解をしておく必要があります。ここでは不用品回収業者に関係のある許可や届出、それらの取得または提出方法について解説します。

裁判官

不用品回収業者が知っておきたい廃棄物処理法の重要判例集その1

「廃棄物処理法がわかりにくい」「結局何を守ればいいの?」そんなふうに難解な条文を前にして頭を抱えている不用品回収業者も多いのではないでしょうか。ここではそんな不用品回収業者のために、廃棄物処理法関連の過去の判例を通じて、この法律を具体的にどう運用すればいいのかを解説します。「その1」では「おから裁判」「混合再生砂裁判」「建設汚泥改良土裁判」の3つの判例を扱います。

「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

廃棄物処理法の例外として、一般廃棄物および産業廃棄物の収集運搬業許可や処理業許可が不要とされている「専ら物」。しかしどのような品目に適用されるのか、どのような業者に適用されるのかなど具体的な部分については、廃棄物処理法に記されていません。ここでは関連通知などを通じて、取り扱いが曖昧になりがちな専ら物について解説するとともに、不用品回収業者がどう取り扱うべきかについても解説します。

「特定商取引法」と「個人情報保護法」をピックアップ解説!不用品回収業者が知っておくべきポイントとは?

「特定商取引法」と「個人情報保護法」は、不用品回収業者にも関係のある法律です。ここではそれぞれの概要を解説しつつ、不用品回収業者がどのようにこれらの法律を守ればいいのかを、ポイントを絞って簡単に解説します。