最新記事

剪定をする男性

どんな準備が必要?便利屋が庭仕事・草刈りを始める前に考えるべきこと

便利屋として庭仕事や草刈りをサービスに加えようと思うのであれば、まず「どこまでの仕事を請け負うのか」「請け負う仕事に応じた道具・技術・知識は何か」を考えておく必要があります。ここでは草刈りを含む庭仕事を全部で10種類紹介するとともに、それぞれにどのような道具や技術、知識が必要かをわかりやすく紹介。さらに事業として導入する際の現実的な方法についても解説します。

コンテナ船

貿易で利益拡大!不用品回収業者なら知っておきたい海外輸出の方法

売り物にならない回収品の処分コストが経営を圧迫しているのなら、海外への輸出を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。ここでは回収品をできるだけ利益化するための方法としてリユース品の海外輸出を紹介します。現状と今後の可能性を知っておくとともに、実際に利益化ルートとして確立するための方法についても理解しておきましょう。

不用品

数字で見る、全国の不用品回収業者と消費者の声

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

山積みの本

【まとめ】不用品回収業のはじめかた【法令遵守編】

不用品回収業をはじめるためには、関連する法律を遵守した営業体制の確立が必須です。しかしどの法律をどんなふうに守ればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、不用品回収業にまつわる法律やその運用方法に関係する記事をまとめて紹介しました。これから不用品回収業を始めるという人は、まずここからご覧ください。

指で丸を作る女性

【サービス別】便利屋が知っておくべき許可・届出・資格【まとめ】

便利屋が様々なサービスを提供するためには、サービスに応じて自治体や公的機関から許可を取得したり、届出を出したり、資格を取得したりしなければなりません。それを怠ると、最悪の場合刑事罰を受ける可能性もあります。ここでは今までリユース・リサイクル情報局が公開してきた便利屋に関連する許可・届出・資格の解説記事をサービスごとに分類し、リンクをまとめました。

牢屋の中のスーツの男性

不用品回収業者が知っておくべき関連法令の罰則まとめ

不用品回収業者は廃棄物処理法をはじめとする法律に則って営業しなければなりません。ではこれらの法律に違反した場合、どのような罰則を受けることになるのでしょうか。ここでは不用品回収業者に関係する4つの法律の主な罰則をまとめて紹介するとともに、罰則を回避するための考え方を、各管轄行政への問い合わせをもとに解説します。

駐車禁止の標識

出張買取・回収業者必見!正しい路上駐車の考え方

不用品回収業者などが出張買取・出張回収先で出くわす問題の一つに、駐車場所の問題があります。何も考えずに車を離れてしまうと、少しの間でも駐禁切符を切られる可能性がありますが、だからと言って車に待機させるために人を一人増やすわけにもいきません。ここではこの問題に対処するための正しい路上駐車の考え方について解説します。

便利屋がやっていい水道工事・やってはいけない水道工事

便利屋には水道工事の依頼も寄せられますが、水道工事には無資格でやっていいものと資格が必要なものがあります。ここでは両者の違いについて解説するとともに、水道工事に必要な資格やその取得方法などについても解説します。今後水道工事サービスの展開を考えている場合は、あらかじめこれらについて理解しておきましょう。

電気コード

便利屋が電気工事を請け負うには「電気工事士」の資格が必要!

便利屋には電気工事の依頼も舞い込みます。例えばコンセントや壁スイッチ、廊下のダウンライトや玄関の門灯の修理などです。実はこうした電気工事には「電気工事士」という国家資格が必要です。ここではどのような電気周りの作業に資格が必要なのか、どうすれば取得できるのかなど、この電気工事士という資格について解説します。

古物商が犯罪に加担しないように気をつけるべきポイント

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

人気記事

廃棄物と有価物、どう見分けるべき?定義や判例から考えるボーダーライン

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

不用品回収業者は「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得すると何ができる?取得方法についても解説

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

現在主流の3種の廃プラリサイクル法を詳しく解説

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

【19/04/24更新】不用品回収業者が「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得するには?

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

これは産業廃棄物?それとも一般廃棄物?

不用品回収業者が理解しておくべき「産業廃棄物」と「一般廃棄物」の定義や違い

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

スクラップ

回収業や中古販売業、スクラップ業などリサイクル業で必要な許可

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

便利屋がやっていい水道工事・やってはいけない水道工事

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

中国国土。

どうなる雑品スクラップ!中国の現状と今後の方向性は?

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

「家電リサイクル法の例外」をフル活用しよう!一般廃棄物収集運搬業許可なしでも合法的に家電を回収する方法

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。