リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

便利屋業

タグ 記事一覧

警告

便利屋はこんな依頼にご用心!引き受けると「ややこしい」依頼まとめ

便利屋に舞い込んでくる依頼の大半は、何の問題もなく対応できるものばかりです。しかし中には引き受けると「ややこしい」依頼もあります。面倒なトラブルを回避するためには、依頼を受ける前の段階で「この依頼はややこしくなりそうだから断っておこう」という判断をする能力が必要です。この能力を養うために、ここでは具体的な事例をあげるとともに、依頼を受ける際に注意するべき点について解説します。

スマホと硬貨

リサイクル業者がスマホ決済を導入するメリットとオススメのサービス3選

TVCMなどでもよく目にするスマホ決済サービスですが、実は不用品回収業者やリサイクルショップ、便利屋などのリサイクル業者にもオススメのサービスです。ここではスマホ決済全般のメリットを5つに分けて解説するとともに、リサイクル業者に適したスマホ決済サービスを3つに厳選し、それぞれの特徴について紹介しています。

剪定をする男性

どんな準備が必要?便利屋が庭仕事・草刈りを始める前に考えるべきこと

便利屋として庭仕事や草刈りをサービスに加えようと思うのであれば、まず「どこまでの仕事を請け負うのか」「請け負う仕事に応じた道具・技術・知識は何か」を考えておく必要があります。ここでは草刈りを含む庭仕事を全部で10種類紹介するとともに、それぞれにどのような道具や技術、知識が必要かをわかりやすく紹介。さらに事業として導入する際の現実的な方法についても解説します。

指で丸を作る女性

【サービス別】便利屋が知っておくべき許可・届出・資格【まとめ】

便利屋が様々なサービスを提供するためには、サービスに応じて自治体や公的機関から許可を取得したり、届出を出したり、資格を取得したりしなければなりません。それを怠ると、最悪の場合刑事罰を受ける可能性もあります。ここでは今までリユース・リサイクル情報局が公開してきた便利屋に関連する許可・届出・資格の解説記事をサービスごとに分類し、リンクをまとめました。

便利屋がやっていい水道工事・やってはいけない水道工事

便利屋には水道工事の依頼も寄せられますが、水道工事には無資格でやっていいものと資格が必要なものがあります。ここでは両者の違いについて解説するとともに、水道工事に必要な資格やその取得方法などについても解説します。今後水道工事サービスの展開を考えている場合は、あらかじめこれらについて理解しておきましょう。

電気コード

便利屋が電気工事を請け負うには「電気工事士」の資格が必要!

便利屋には電気工事の依頼も舞い込みます。例えばコンセントや壁スイッチ、廊下のダウンライトや玄関の門灯の修理などです。実はこうした電気工事には「電気工事士」という国家資格が必要です。ここではどのような電気周りの作業に資格が必要なのか、どうすれば取得できるのかなど、この電気工事士という資格について解説します。

駆ける犬。

便利屋がペットシッターの依頼を受けるために必要な許可と登録

便利屋がペットシッターの依頼を請け負うためには、自治体の動物愛護センターなどで第一種動物取扱業の保管業の登録が必要です。もし登録せずに営業してしまうと、罰金刑が課せられる可能性もあります。しかし登録が認められるためには、様々な条件をクリアしなければなりません。ここではそれらの条件を含め、登録方法や必要書類、手数料などについて解説します。

タクシー運転手

便利屋が参入できる?タクシー業を営業するために必要な許可

便利屋が観光タクシーを含むタクシー・ハイヤー業を営むには、各地域の運輸局からの許可が必要です。しかしこの許可を取得するには様々な条件をクリアしなければなりません。仮に許可なしで営業すれば、罰則の対象になる可能性もあります。ここでは許可の取得の必要性を説明するとともに、許可取得のための条件や便利屋が許可を取得できるのかなどについて解説します。

借金の取り立て

便利屋は債権回収代行を請け負える?取り立てに必要な許可や資格は?

便利屋には合法か違法かを問わず、様々な依頼が入ってきます。その中には借金の取り立て代行のような依頼もあります。しかし便利屋がこのような依頼を請け負うのは法律上可能なのでしょうか。ここでは「債権管理回収業に関する特別措置法」という法律の観点から、許可が必要かどうか、または許可が取得できるのかどうかについて解説します。

浮気調査の道具

便利屋が浮気調査をするには許可や届出が必要か?

便利屋が浮気調査の依頼を受けるには、都道府県公安委員会への届出の提出が必要だということをご存知でしょうか。もしこれをせずに依頼を受けた場合、懲役刑や罰金刑の対象になる可能性もあります。ここではどのような業務が届出が必要な業務に該当するかを明らかにしたうえで、届出の方法や必要書類などについて解説します。