リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

出張回収・買取業

届出書

【まとめ】不用品回収業のはじめかた【許可・届出編】

不用品回収業をはじめるためには、業務内容に応じた許可の取得・届出の提出が必須です。しかしどんな業務にどんな許可や届出が必要かどうかもわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、不用品回収業にまつわる許可や届出に関係する記事をまとめて紹介しました。これから不用品回収業を始めるという人は、まずここからご覧ください。

ダンボールを落とす引越し業者

引越しサービスを始める不用品回収業者が加入しておくべき保険とは?

引越しサービスには、荷物の破損や紛失などのリスクがつきものです。そのため不用品回収業者が引越しサービスを始める際には、リスク対策として保険に加入するかどうかを検討する必要があります。ここではなぜ保険が必要なのかを解説するとともに、多くの引越し業者が採用している保険の種類やその内容について解説しています。

公務員

「売り物にならない回収品」について、公的機関の見解編

不用品回収の回収の中には、売り物にならないものも少なからずあります。業者の本音としては、こうした回収品は経費削減のためにも依頼者側に返品したいはずです。しかし法律上、そのような行為は可能なのでしょうか。可能だとすれば、どのように返品すれば適法なのでしょうか。ここではJRITSが関連する公的機関に問い合わせた結果をレポートします。

遺品整理業をはじめるには?許可・届出が必要なサービスと不要なサービス

遺品整理業を始めるにはどんな許可や届出が必要かご存知でしょうか。もしこれを知らずに事業をスタートさせれば、違法な営業とみなされて指導や処罰を受ける可能性もあります。しかし遺品整理と一口に言っても業務内容は様々で、どのようなサービスを提供するかで必要な許可・届出も変わってきます。ここではその点を踏まえたうえで、実施するサービス内容に応じて、必要な許可・届出を解説していきます。

チェックボックス

店舗の管理者や責任者は要チェック!改正古物営業法の解説

2018年4月25日に交付された改正古物営業法が、2018年10月24日から順次施行されていきます。今回の改正には不用品回収業者に深く関わるものがあるだけでなく、対応を間違えると許可の取り消しにつながるものもあります。そのためしっかりと改正内容を理解したうえで、確実に対応する必要があります。ここでは実例も交え4つの変更点について解説します。

謝る男性。

不用品回収業者・リサイクルショップのよくあるトラブルと対応方法その1

不用品回収業者やリサイクルショップには、お客様とのトラブルがつきものです。しかもトラブルへの対応を間違えれば、さらなるトラブルへと発展する可能性もあります。ここでは事例を挙げながら、お客様の納得と自社の利益を両立する対応方法について解説します。この記事を参考に、余計なトラブル対応に時間や人手を使わないためにも、あらかじめ「自社にとっての正解は何か」を決めておきましょう。

不用品回収業者のビジネスチャンス!プチ引越しがこれから流行る理由

近年増加傾向にある不用品回収業者による単身者向けの引越しサービス(プチ引越し)。不用品回収業者の売上拡大に効果的なこのサービスは、同時に引越しをする依頼者側にとってもメリットのあるサービスでもあります。ここでは統計局のデータなどを示しながら、ビジネスとしてのプチ引越しの可能性を考察するとともに、プチ引越しサービスを提供する際に必要な届出や注意点について解説します。

【19/04/24更新】「遺品整理士資格」とは?不用品回収業者が取得すると何ができる?

映画やテレビなどを通じて近年注目が集まっており、様々な業者がホームページなどでアピールしている資格「遺品整理士」。ここではこの資格が生まれた背景やどのような効力を持つ資格なのかを解説するとともに、不用品回収業者が取得するとどのようなことができるようになるのかについても解説します。

お金を持ってサムズアップしている男性。

儲かっている業者には共通点があった!不用品回収業営業の7つのコツ

「なぜあそこの不用品回収業者は儲かっているのに、うちは儲かっていないのか」同じ商圏で同じ不用品回収業を営んでいても、各社の実績はバラバラです。しかし儲かっている不用品回収業者に限って言えば、実は様々な共通点があります。ここではそれらの共通点のうち、7つをピックアップし、なぜこれらを実践すると儲かって、実践しないと儲からないのかを解説します。

中国国土。

どうなる雑品スクラップ!中国の現状と今後の方向性は?

2017年末に強化された中国の廃棄物輸入規制。雑品スクラップ市場を一変させたこの規制でしたが、2018年4月には同年末からさらに強化されることが発表されました。ここでは雑品スクラップ市場の現在をレポートするとともに、中国の動向も含めた今後の雑品スクラップ市場の行方と、関係各社が検討している対策とその実現性について考察します。