リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

古物取扱店舗

チェックボックス

店舗の管理者や責任者は要チェック!改正古物営業法の解説

2018年4月25日に交付された改正古物営業法が、2018年10月24日から順次施行されていきます。今回の改正には不用品回収業者に深く関わるものがあるだけでなく、対応を間違えると許可の取り消しにつながるものもあります。そのためしっかりと改正内容を理解したうえで、確実に対応する必要があります。ここでは実例も交え4つの変更点について解説します。

謝る男性。

不用品回収業者・リサイクルショップのよくあるトラブルと対応方法その1

不用品回収業者やリサイクルショップには、お客様とのトラブルがつきものです。しかもトラブルへの対応を間違えれば、さらなるトラブルへと発展する可能性もあります。ここでは事例を挙げながら、お客様の納得と自社の利益を両立する対応方法について解説します。この記事を参考に、余計なトラブル対応に時間や人手を使わないためにも、あらかじめ「自社にとっての正解は何か」を決めておきましょう。

陳列されている椅子。

リサイクルショップのはじめかた【陳列編】

リサイクルショップを経営するうえでは、買取と販売が最も重要な要素なのは間違いありません。しかし実店舗を経営する以上は、来店してくれたお客様にお店の商品を見てもらえなければ売上にはつながりません。そのため商品をどう見せるか=陳列についての知識も非常に重要です。ここでは、たくさんの商品をお客様に見てもらうために知っておくべき陳列の原則やテクニックについて解説します。

徹底解剖!リサイクル業者が注意すべき法令と対策

リサイクル業者が注意すべき法令として、古物営業に必要な【古物商許可(古物営業法)】、産業廃棄物の取扱業に必要な【産業廃棄物許可(産業物処理法)】、小型家電の回収業に必要な【小型家電リサイクルの事業者認定(小型家電リサイクル法)】について徹底解説しています。

リサイクルショップのはじめかた【販売ルート編】

「リサイクルショップの生命線は買取・仕入れ」これは間違いありません。しかしだからといって安定して売上を生む販売ルートを確立できていなければ、リサイクルショップの経営が成り立たないのも事実です。ここでは3つの販売ルートと7つの販売促進策、そして他店との差別化の方法を紹介します。既存のリサイクルショップが、いかにして商品を販売ルートに乗せているのかを知っておきましょう。

日本製「目利きAIアプリ」がついに登場!査定・鑑定がワンステップで完結する時代はすぐそこ?

真贋鑑定AIサービス「エントルピー」の日本上陸に続き、日本製の「目利きAIアプリ」のβ版のリリースが2018年5月に決定しました。リサイクル企業「ものばんく」と、ベンチャー企業「チームAIBOD」によって共同開発したこのアプリは、リサイクル業における査定や鑑定のあり方を大きく変える可能性を秘めています。ここではこの「目利きAIアプリ」の概要と、スペック面でのエントルピーとの違いを解説します。

リサイクルショップのはじめかた【買取・仕入れルート編】

どんなに接客がうまくても、どんなに店舗が立派でも、お客様が欲しいと思う商品がなければ売上は上がりません。したがってリサイクルショップにおいて「買取・仕入れ」こそが生命線となります。ここでは7つの買取・仕入れルートを紹介するとともに、リサイクルショップにとって最重要のルートともいうべき「不用品回収業者からの買取ルート」を確立するためのノウハウを紹介します。