リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

古物商許可

タグ 記事一覧

指し棒で黒板を指す男性

【古物商必読】改正古物営業法と改正フロン排出抑制法が4月から適用

2020年4月1日から古物営業法とフロン排出抑制法という2つの法律の改正が適用されます。これらは、不用品回収業やリサイクルショップなどを営むリサイクル業者にとって、大きな意味を持つ法律です。ここでは改正内容について解説するとともに、何をすれば法律を遵守できるのかをわかりやすく説明します。

古物商が犯罪に加担しないように気をつけるべきポイント

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

office

事業譲渡では新たな古物商許可が必要! 特殊な事例ごとに解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

チェックボックス

店舗の管理者や責任者は要チェック!改正古物営業法の解説

2018年4月25日に交付された改正古物営業法が、2018年10月24日から順次施行されていきます。今回の改正には不用品回収業者に深く関わるものがあるだけでなく、対応を間違えると許可の取り消しにつながるものもあります。そのためしっかりと改正内容を理解したうえで、確実に対応する必要があります。ここでは実例も交え4つの変更点について解説します。

徹底解剖!リサイクル業者が注意すべき法令と対策

リサイクル業者が注意すべき法令として、古物営業に必要な【古物商許可(古物営業法)】、産業廃棄物の取扱業に必要な【産業廃棄物許可(産業物処理法)】、小型家電の回収業に必要な【小型家電リサイクルの事業者認定(小型家電リサイクル法)】について徹底解説しています。

「家電リサイクル法の例外」をフル活用しよう!一般廃棄物収集運搬業許可なしでも合法的に家電を回収する方法

不用品回収業者が回収を依頼される品物の中には、リサイクル処理を前提として回収しなければならない家電が一定数混じっています。しかし本来不用品回収業者が一般家庭から出る使用済家電をリサイクル処理を前提として回収するには、一般廃棄物収集運搬許可が必要になります。ところが家電リサイクル法の例外を活用すれば、許可なしに回収が可能になります。ここではその方法について詳しく解説します。