最新記事

便利屋がやっていい水道工事・やってはいけない水道工事

便利屋には水道工事の依頼も寄せられますが、水道工事には無資格でやっていいものと資格が必要なものがあります。ここでは両者の違いについて解説するとともに、水道工事に必要な資格やその取得方法などについても解説します。今後水道工事サービスの展開を考えている場合は、あらかじめこれらについて理解しておきましょう。

電気コード

便利屋が電気工事を請け負うには「電気工事士」の資格が必要!

便利屋には電気工事の依頼も舞い込みます。例えばコンセントや壁スイッチ、廊下のダウンライトや玄関の門灯の修理などです。実はこうした電気工事には「電気工事士」という国家資格が必要です。ここではどのような電気周りの作業に資格が必要なのか、どうすれば取得できるのかなど、この電気工事士という資格について解説します。

古物商が犯罪に加担しないように気をつけるべきポイント

古物商が古物を売買する上で特に気をつけるものは、盗難品など不正品を取引してしまう可能性です。盗難品の売買に関われば、その犯罪に加担したことになってしまいます。そうならないために古物商が気をつけなくてはならないポイントについて、詳しく解説いたします。

駆ける犬。

便利屋がペットシッターの依頼を受けるために必要な許可と登録

便利屋がペットシッターの依頼を請け負うためには、自治体の動物愛護センターなどで第一種動物取扱業の保管業の登録が必要です。もし登録せずに営業してしまうと、罰金刑が課せられる可能性もあります。しかし登録が認められるためには、様々な条件をクリアしなければなりません。ここではそれらの条件を含め、登録方法や必要書類、手数料などについて解説します。

タクシー運転手

便利屋が参入できる?タクシー業を営業するために必要な許可

便利屋が観光タクシーを含むタクシー・ハイヤー業を営むには、各地域の運輸局からの許可が必要です。しかしこの許可を取得するには様々な条件をクリアしなければなりません。仮に許可なしで営業すれば、罰則の対象になる可能性もあります。ここでは許可の取得の必要性を説明するとともに、許可取得のための条件や便利屋が許可を取得できるのかなどについて解説します。

届出書

【まとめ】不用品回収業のはじめかた【許可・届出編】

不用品回収業をはじめるためには、業務内容に応じた許可の取得・届出の提出が必須です。しかしどんな業務にどんな許可や届出が必要かどうかもわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、不用品回収業にまつわる許可や届出に関係する記事をまとめて紹介しました。これから不用品回収業を始めるという人は、まずここからご覧ください。

借金の取り立て

便利屋は債権回収代行を請け負える?取り立てに必要な許可や資格は?

便利屋には合法か違法かを問わず、様々な依頼が入ってきます。その中には借金の取り立て代行のような依頼もあります。しかし便利屋がこのような依頼を請け負うのは法律上可能なのでしょうか。ここでは「債権管理回収業に関する特別措置法」という法律の観点から、許可が必要かどうか、または許可が取得できるのかどうかについて解説します。

浮気調査の道具

便利屋が浮気調査をするには許可や届出が必要か?

便利屋が浮気調査の依頼を受けるには、都道府県公安委員会への届出の提出が必要だということをご存知でしょうか。もしこれをせずに依頼を受けた場合、懲役刑や罰金刑の対象になる可能性もあります。ここではどのような業務が届出が必要な業務に該当するかを明らかにしたうえで、届出の方法や必要書類などについて解説します。

ダンボールを落とす引越し業者

引越しサービスを始める不用品回収業者が加入しておくべき保険とは?

引越しサービスには、荷物の破損や紛失などのリスクがつきものです。そのため不用品回収業者が引越しサービスを始める際には、リスク対策として保険に加入するかどうかを検討する必要があります。ここではなぜ保険が必要なのかを解説するとともに、多くの引越し業者が採用している保険の種類やその内容について解説しています。

office

事業譲渡では新たな古物商許可が必要! 特殊な事例ごとに解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

人気記事

不用品回収業者が「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得するには?

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

廃棄物と有価物、どう見分けるべき?定義や判例から考えるボーダーライン

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

リサイクル

現在主流の3種の廃プラリサイクル法を詳しく解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

不用品回収業者は「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得すると何ができる?取得方法についても解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

中国国土。

どうなる雑品スクラップ!中国の現状と今後の方向性は?

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

これは産業廃棄物?それとも一般廃棄物?

不用品回収業者が理解しておくべき「産業廃棄物」と「一般廃棄物」の定義や違い

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

雑品スクラップの危機!中国の規制強化と国内法改正の解説と対策

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。

不用品回収業者の基礎知識!「廃棄物処理法」と「家電&小型家電リサイクル法」のカンタン要点解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。