最新記事

中古ドローン買取事業者必読!航空法改正のポイントと、事業者がとるべき対応

ドローンの買取事業者は2022年6月20日から施行される航空法の改正について、しっかりと理解しているでしょうか。機体の登録義務やリモートIDの搭載義務など基本はユーザー向けの改正ですが、それに伴って買取事業者が理解していなければならないポイントもいくつかあります。ここでは改正内容のポイントと、事業者がとるべき対応について解説します。

リサイクルショップオーナー必見!今“釣具”買取がアツい理由と買取を始めるために知っておくべきこと

今、リサイクルショップの新たな商材として釣具がアツいということをご存知でしょうか。ここでは統計データをもとにその根拠を説明すると共に、商材として取り扱う前に知っておくべきポイントや注意点を紹介します。

リサイクルショップがInstagramで集客するために知っておくべき3つの基本

リサイクルショップがInstagramを使って集客するケースが、少しずつ増えてきています。利用者数・利用者層を考えると、今後は小売業態を営む事業者にとってInstagramの重要性は増していくと考えられます。しかし同時に「SNS運用と言われても何から始めていいかわからない」という事業者や担当者も多いはず。そこで今回は、Instagram集客の3つの基本を解説します。

警視庁が公式見解!フリマアプリからの仕入れは事実上違法

このほど、警視庁が「フリマアプリでの仕入れは古物営業法で定める本人確認等を履行することができないため、実質的に違法である」という旨の公式見解を、『リサイクル通信』の紙面を通じて出しました。今回は警視庁がなぜこのような見解を出したのかを解説するとともに、今後の古物商の仕入れについて考えます。

右肩上がりのグラフ

【会員様インタビュー】リサイクルショップの“今太い”販路はどこにある?

コロナ禍であえぐリサイクルショップは少なくありません。一方で、売り上げを維持・向上しているお店もあります。そこで今回は会員様にインタビューを行い、コロナ禍でも変わらず需要のある販路について、その開拓方法や注意点なども含めてお話しいただきました。

右肩上がりのグラフ

リサイクル業者が知っておくべき、コロナ禍で「伸びている商材・サービス」10選

コロナ禍で厳しい状況に置かれている業界や、売れなくなっている商材・サービスはたくさんあります。しかしその一方で、伸びている業界や需要が高まっている商材・サービスもあります。そこで今回はコロナ禍で伸びている商材・サービスを10種類紹介します。

価格表示

税抜表示が4月から違法ってホント?対象となる表示やアウトorセーフのラインについてカンタン解説!

消費税法に基づいて、税抜表示が2021年4月から違法になります。これにより「5,800円(税抜)」「12,800円+税」といった表記を使って、値頃感を出すことができなくなります。今回は、対象となる価格表示の詳細や、アウト・セーフになる表示の種類について解説します。

黒板を指差す男性

【リサイクルショップ担当者必見】JRITS会員様に聞いた「LINE公式アカウント」の効果的な使い方!

withコロナの時代、オンラインでのコミュニケーションは必要性をどんどん高めていくこと間違いなし。そこでお勧めしたいのが、LINE公式アカウント。ここではこのツールの魅力を紹介するとともに、LINE公式アカウントでのコミュニケーションの効率化を実現するとても簡単な施策についてもご紹介します。

価格表示

「健康保険証での本人確認」は要注意!健康保険法改正で変わった、本人確認のルールとは?

リユース事業者にとって、本人確認書類としてメジャーな健康保険証。しかし今回の健康保険法改正により、健康保険証を本人確認書類として使用する場合、リユース事業者側に注意が必要になりました。ここでは改正内容を紹介するとともに、どうすれば法令を遵守できるかを具体的に解説します。

リユース事業者必見!eKYCで非対面買取時の本人確認が安全・スムーズに

リユース事業者必見!eKYCで非対面買取時の本人確認が安全・スムーズに

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

人気記事

廃棄物と有価物、どう見分けるべき?定義や判例から考えるボーダーライン

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

わかりやすく解説!古物商許可が必要な8つの状況と不要な5つの状況

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

正規と並行輸入品の違いと注意したい3つのポイント

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

【19/04/24更新】不用品回収業者が「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得するには?

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

現在主流の3種の廃プラリサイクル法を詳しく解説

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

スクラップ

回収業や中古販売業、スクラップ業などリサイクル業で必要な許可

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

不用品回収業者は「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得すると何ができる?取得方法についても解説

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

便利屋がやっていい水道工事・やってはいけない水道工事

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。

古物商許可で営業を行う不用品回収業者必見!依頼者の質問への対応集

新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面買取の件数が増えているリユース事業者も多いはず。そこで便利なのがeKYC(オンライン本人確認)。非対面買取でコストやトラブルの原因になりがちな本人確認を、安全かつ効率的に行うことができます。ここではeKYCの概要とともに、導入するメリット・デメリットについても解説します。