最新記事

大量のスマホ

リサイクル事業者はどう動くべき?中古スマホ市場のこれから

政府が中古スマホの推進に舵を切り、それに応じてNTT docomoもSIMロック解除の条件緩和や通信料金の引き下げという形で、中古スマホ市場拡大に向けて動きを見せています。今後中古スマホ市場はどうなっていくのでしょうか?またその中でリサイクル業者はどのように動くべきなのでしょうか?ここではこの2点について考えていきます。

半額POP

販促が違法にならないために、確認したい景品表示法

リサイクルショップの販促には「景品表示法」というルールが定められています。これを破ると行政からの措置命令や懲役刑・罰金刑が課せられる危険もあります。ここでは違法だとみなされる可能性がある販促方法を紹介するとともに、景品表示法の概要を解説。どのような方法であれば法令を遵守していることになるのかについても解説します。

ゾウ

海外での買い付けには要注意!輸出入はワシントン条約をチェック

リユース品を輸出入する際の思わぬ落とし穴、それがワシントン条約です。この条約は絶滅が危惧される野生動植物の輸出入を規制するためのもので、違反すれば日本国内の法律で罪に問われる危険があります。ここではそうした事態を避けるために、ワシントン条約の基本や禁止項目、罰則について解説するとともに、リユース品の輸出入を行うリサイクル業者が取るべき対応についても解説します。

デジタル

事業拡大のチャンスなるか?「デジタル遺品整理」がこれから流行る理由

中国雑品スクラップ市場の閉鎖のあおりをうけているリサイクル業界の打開策の一つとなり得るのが「デジタル遺品整理」のサービスです。現在の日本の状況を考慮すると、このサービスは今後確実に需要を拡大していくと考えられます。ここではそもそもデジタル遺品とは何を指すのかというところから、サービスの内容と需要が拡大する理由、そしてサービス導入時の注意点について解説します。

上司と部下たち

ゆとり・さとり・ミレニアル世代を雇用する。回収業者の人材定着と育成のヒント

不用品回収業者が技術や経験、接客などの面で生産性を高めるには、人材の定着率を引き上げる必要があります。しかし不用品回収業における定着率は得てして低くなりがちです。ここでは採用基準と人材教育の視点から、なぜ定着しにくいのかを分析するとともに、ミレニアル世代と呼ばれる若年層の特徴を踏まえた上で、定着率を引き上げるための2つの方法について解説します。

書類

特殊清掃業を始める前に!開業前に取得しておくべき許可・資格とは?

特殊清掃業を始めるためには、業務内容に応じた許可や資格の取得が必要です。また法律上必須とされているもの以外にも、取得しておくことで集客のためのアピールになるもの、情報収集や同業他社との情報交換、現場での仕事に関する基礎知識などが身につく許可や資格も存在します。ここではそれらを含めて合計で13種類の許可や資格を紹介します。

スマホと硬貨

リサイクル業者がスマホ決済を導入するメリットとオススメのサービス3選

TVCMなどでもよく目にするスマホ決済サービスですが、実は不用品回収業者やリサイクルショップ、便利屋などのリサイクル業者にもオススメのサービスです。ここではスマホ決済全般のメリットを5つに分けて解説するとともに、リサイクル業者に適したスマホ決済サービスを3つに厳選し、それぞれの特徴について紹介しています。

剪定をする男性

どんな準備が必要?便利屋が庭仕事・草刈りを始める前に考えるべきこと

便利屋として庭仕事や草刈りをサービスに加えようと思うのであれば、まず「どこまでの仕事を請け負うのか」「請け負う仕事に応じた道具・技術・知識は何か」を考えておく必要があります。ここでは草刈りを含む庭仕事を全部で10種類紹介するとともに、それぞれにどのような道具や技術、知識が必要かをわかりやすく紹介。さらに事業として導入する際の現実的な方法についても解説します。

コンテナ船

貿易で利益拡大!不用品回収業者なら知っておきたい海外輸出の方法

売り物にならない回収品の処分コストが経営を圧迫しているのなら、海外への輸出を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。ここでは回収品をできるだけ利益化するための方法としてリユース品の海外輸出を紹介します。現状と今後の可能性を知っておくとともに、実際に利益化ルートとして確立するための方法についても理解しておきましょう。

不用品

数字で見る、全国の不用品回収業者と消費者の声

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

人気記事

不用品回収業者は「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得すると何ができる?取得方法についても解説

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

現在主流の3種の廃プラリサイクル法を詳しく解説

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

廃棄物と有価物、どう見分けるべき?定義や判例から考えるボーダーライン

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

【19/04/24更新】不用品回収業者が「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得するには?

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

「専ら物」の収集運搬・処分には許可不要!法的根拠と不用品回収業者での取り扱いについて解説

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

これは産業廃棄物?それとも一般廃棄物?

不用品回収業者が理解しておくべき「産業廃棄物」と「一般廃棄物」の定義や違い

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

古物商許可で営業を行う不用品回収業者必見!依頼者の質問への対応集

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

便利屋がやっていい水道工事・やってはいけない水道工事

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

中国国土。

どうなる雑品スクラップ!中国の現状と今後の方向性は?

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。

スクラップ

回収業や中古販売業、スクラップ業などリサイクル業で必要な許可

全国の約6割の市区町村に、不用品回収業者が存在しています。しかし、その多くは回収・保管時の建屋を所持していないことが環境省の調査で判明しました。消費者に不用品回収を利用してもらうために、業者の現状を数字とともに確認していきましょう。