リサイクルページに寄せられる買取依頼、かたづけ、遺品整理などのご依頼をお受けいただける事業者さまを募集しています。

営業のための法令とルール

カテゴリ一 記事一覧

遺言書

遺品整理業者は要チェック!新たに施行された「遺言書保管法」とは?

2020年7月10日に施行された遺言書保管法は、遺品整理業者の仕事の一つである「遺言書探し」に関わってくる法律です。ここでは同法が施行された背景や法律の仕組みを解説するとともに、どのような形で遺言書探しと関わってくるのかについても解説します。

悩んでいる作業服の女性

警察への調査済み!改正古物営業法で許可を取り消された場合の対処法!

4月1日に適用された改正古物営業法の「許可単位の見直し」。これに伴って「主たる営業所等の届出」を提出していない事業者の古物商許可の取り消しが始まっています。今回は警察署の担当者に直接問い合わせて、許可を取り消されてしまった事業者がとるべき対処について聞きました。

指し棒で黒板を指す男性

【古物商必読】改正古物営業法と改正フロン排出抑制法が4月から適用

2020年4月1日から古物営業法とフロン排出抑制法という2つの法律の改正が適用されます。これらは、不用品回収業やリサイクルショップなどを営むリサイクル業者にとって、大きな意味を持つ法律です。ここでは改正内容について解説するとともに、何をすれば法律を遵守できるのかをわかりやすく説明します。

右肩下がりのグラフ

特定商取引法の浸透で被害減少中の「押し買い」業者ができる注意点!

国民生活センターの発表によれば「押し買い」による苦情相談件数は、近年減少傾向にあります。これは消費者側、リサイクル業者側の両方に、特定商取引法が浸透してきたからだと考えられます。しかしこれはリサイクル業者にとって、今まで以上に押し買い防止策が必要な状況になったと言えます。ここではその理由と、どのようなことに注意すべきなのかを解説します。

半額POP

販促が違法にならないために、確認したい景品表示法

リサイクルショップの販促には「景品表示法」というルールが定められています。これを破ると行政からの措置命令や懲役刑・罰金刑が課せられる危険もあります。ここでは違法だとみなされる可能性がある販促方法を紹介するとともに、景品表示法の概要を解説。どのような方法であれば法令を遵守していることになるのかについても解説します。

ゾウ

海外での買い付けには要注意!輸出入はワシントン条約をチェック

リユース品を輸出入する際の思わぬ落とし穴、それがワシントン条約です。この条約は絶滅が危惧される野生動植物の輸出入を規制するためのもので、違反すれば日本国内の法律で罪に問われる危険があります。ここではそうした事態を避けるために、ワシントン条約の基本や禁止項目、罰則について解説するとともに、リユース品の輸出入を行うリサイクル業者が取るべき対応についても解説します。

牢屋の中のスーツの男性

不用品回収業者が知っておくべき関連法令の罰則まとめ

不用品回収業者は廃棄物処理法をはじめとする法律に則って営業しなければなりません。ではこれらの法律に違反した場合、どのような罰則を受けることになるのでしょうか。ここでは不用品回収業者に関係する4つの法律の主な罰則をまとめて紹介するとともに、罰則を回避するための考え方を、各管轄行政への問い合わせをもとに解説します。

駐車禁止の標識

出張買取・回収業者必見!正しい路上駐車の考え方

不用品回収業者などが出張買取・出張回収先で出くわす問題の一つに、駐車場所の問題があります。何も考えずに車を離れてしまうと、少しの間でも駐禁切符を切られる可能性がありますが、だからと言って車に待機させるために人を一人増やすわけにもいきません。ここではこの問題に対処するための正しい路上駐車の考え方について解説します。

office

事業譲渡では新たな古物商許可が必要! 特殊な事例ごとに解説

古物商許可を取っていても、事業を他の会社へ譲渡する場合や会社分割、新しい営業所を開設するなどを行う場合、新たに古物商許可申請が必要なことがあります。ここでは、このような特殊な事例ごとに、古物商許可申請や手続きについて解説します。